誕生日

結局、さようならできずにぐずぐず引きずっている。

 

4人となったコンサートを見に行った。

ずっと信じたくなくて、悪い夢だと思いたかった。

 

だけど、VCRが流れて、今日もあなたが大好きですという文字のあとに、東京ドームで涙したLOVEが流れたときに立てなくなるくらいに涙が出てきて苦しかった。

いないんだ。ジョンヒョンはもうここにはいない。

 

ジョンヒョン、本来なら数えで29歳、私と同じ28歳の誕生日だね。

11月に君よりヌナになってしまうよ。

 

4人のSHINeeはがんばっているよ。

でも、やっぱり君の声が聞きたいし、笑った顔も怒った顔も泣きじゃくる顔も愛しくて、どんなに年を重ねて皺が増えても、自慢の高音が例え出なくなったとしても、

それでもやっぱり君を応援していたかった。

坊主になって、兵役に行って、一回りパンプアップして戻ってきて、また5人で完全体でカムバしてほしかった。

いつか、誰かと結婚して、子供が生まれてパパになって

こうして大人になるんだなぁって同じ年の君を見つめていたかった。

私が30や40になっても君はずっと27のままだね。

皺の一本まで愛しく思えたはずだよ。

 

リメンバーミーの台詞で

「許せなくてもいい、忘れないでほしい」という台詞があったんだ。

私は時々君を許せなくなる。

どうして、なんで、どうして、なんでって。

5人じゃないとSHINeeじゃないと言ったのは君だったじゃないか。永遠は嘘だったのか。こんなに辛い思いをさせるなんて、って。自分勝手だよね。

それ以上に死を選択せざるをえないほどに君が苦しくて辛くて、息ができなかったのに。

忘れた方が楽になれるかもしれないけど、どこをどうしたって忘れられるわけがないから忘れないでいるよ。

いつでも思っているよ。

 

春は新しいことが始まるからすごく苦手で

暖かい陽気も胸がざわつく感じがして苦手で

春の歌も苦手で

君がいなくなってからいっそう春が寂しい季節になっちゃったよ。

 

コンサートに行く前の夢で

5人が日本の大型音楽特番に出てる夢を見たんだ。

末っ子がソロを歌ってて、それを君がとっても温かい顔で見守っていて、司会の人が久しぶりに5人揃いましたねっていうから私もよかったー!久しぶりにオニュも戻ってきてやっと5人だと思ったの。

ステージに立ってeverybody歌ってる姿を見たときに気付いてしまった、いるはずのない君がステージにいることに。それと同時にこれが夢であることに。悲しくて仕方なかったし、目が覚めてしまったことが辛かった。

夢が現実で、現実が夢ならいいのに。

 

あれから、泣くことは随分減って、新しく出たDVD見てまた君たちのことが好きになって仕方なくて、でもこれ以上傷つきたくない自分もいて。

そうして、今日を迎えた。

 

来年には泣くこともなくなって、笑顔で誕生日を祝って、そのうち祝うことも忘れてなくなる日が来るんだろう。この傷もそのうち瘡蓋がとれて傷の跡だけが残って痛くなくなる日が来るんだろう。

 

それまでは、君を思ってメソメソ泣きたい。

それだけ好きなアイドルがいたことを忘れたくない。

 

改めて、お誕生日おめでとう。生まれてきてくれて、アイドルになってくれてありがとう、ごめんね、愛してる

 

 

2017年

ジョンヒョンがこの世を去ってまた、月曜日が来た。

SHINeeを知ったきっかけは同じ年に東方神起にハマり出していて、めざましテレビ東方神起の弟グループが出ると知り録画ボタンを押したのが始まりだった。

Replayの日本バージョンのMVが流れる中、私はひとりのメンバーに惹かれた。
それがジョンヒョンだった。
彼の第一印象は「日本人顔の人がいる」
それはあくまで私の感想だけど、なんだか親近感がわいて、MV中の窓ガラスを拭いてる姿と、
「僕のわんちゃんが足におしっこをする」とカタコトの日本語で話していたのがすさまじく可愛く感じた瞬間に
私はSHINeeにハマっていた。

当時、私は美容室で働き始めていて、稼いだお金を遠征費に費やした。
めざましライブに当たってもないのにオニュペンの親友とお台場まで行って柵の端から当時リリースしたばかりのジュリエットを披露する彼らを見て、ステージ脇で一瞬ジョンヒョンの姿を見かけたときは大興奮だった。

国際フォーラムでのクリスマスイベント、次の日の代々木でのイベントに行ってさらに熱は上がる一方。

その後、私は仕事を辞め、転職がてら繋ぎのバイトで韓国アイドルショップに勤め、いっきに韓ドルヲタになっていた。
CDを買い、DVDを買い、コンサートに行き、新大久保に行きバラエティー番組のDVDを買い、YouTubeを見漁り、びったびたに韓国に浸かっていた。

しばらくして、私は派遣社員として働きだした頃に少しずつ熱が冷めていた。
ここにも3年の魔法がかかるのかーと思った。
だから、テミンのウギョルはまともに見ていなし、エビバデのときにはろくにカムバも見ていない。あんな素晴らしいパフォーマンスをしていたのに。
くそDDだから他にもSMAPやKinKiがいたので、少しSHINeeから離れて他の人たちの応援に熱をいれていた。

ある時、SHINeeが地元のホールでコンサートをすると知り
遅いながらチケットを取ったところ、ホールの一番後ろの席が当たった。地元だし、せっかくだからと思って見に行った。その「せっかくだからは」正解だった。
地元のホールは見渡しが良い作りになってはいるものの、
実際にパフォーマンスを見たときにはすごく近くに感じたし、Evilは鳥肌ものだった。
なにより成長した5人の姿に消えかけた熱が燃え上がった。

東京ドームが決まったときの公演をワイドショーを見て、相変わらず泣いてるジョンヒョンとキーくんに愛しさを覚え、絶対に東京ドームに行く!!と決め、一般チケットは当たったものの安定のお星様席だった。
SMAPでも3階席は当たったことがあったが見える感覚が大きく違った。統一された5万人のペンライトが東京ドームがやけに広く感じさせた。この大観衆の中、5人が立っていると思うととっても誇らしかった。
4時間ほどのコンサートとは思えない充実感で初日には中盤のバラードから泣き出すジョンヒョンとキーくんがまた愛しくて、今もLOVEのオニュのパートを聞くと人文字を作るためのカードをあげるドキドキを思い出すし、サプライズに驚いて泣く彼らの姿が忘れられない。「そんなに泣かなくても」と微笑んでしまう私も同じように泣いていて、パールアクアグリーンの海は本当に本当に美しかった。

熱心なファンではなかったから
細かいイベントや、渡韓して応援したことはなかったけど
日本デビューから影ながら応援してきて、
この5人ならいつまでも一緒にいてくれると信じてやまなかった。
同じことはSMAP27時間テレビのときに思った。
彼らはSMAPのように長く愛されるアイドルという存在になれるし、なる、と。

一報を聞いてから毎日泣いている。

今は後悔の念ばかりが押し寄せる。
タトゥーを彫ったとき、辛そうな歌詞を書いたとき
ファンとしてなにかできなかっただろうか
かといって、私のような端くれの端くれのファンがどうも出来ないのは百も承知で
だけど1がたくさん集まればきっとな彼に届いてると信じていた。
愛している、と。

でも、彼はもういない。

夢なら醒めてほしいと今も思っている。

時間を巻き戻して、韓国に飛んで、ガスの元栓を閉めて、練炭湿らせてどうにかして彼が自ら命を絶つのを阻止できないかとも思ってる。

そんなに辛いなら死なせてやろう、なんて微塵も思わない。
いつか死ぬ命なら今死ななくたっていい。
全て投げ捨てて、全てから逃げて、生きて逃げてくれればそれでよかった。二度と会えないのなら生き別れの方がよかった。
誰かのインスタでひょっこり顔出して、元気そうで良かった、と思いたかった。

28才のジョンヒョンにはどうやったって会えない。

彼が1秒ごとに過去の人に過去の思い出になっていく。

私は1秒ごとに彼の年齢に近づいて、来年の11月には彼よりヌナになってしまう。

アイドルのファンでいてこんなに辛いと思ったことはなかった。

私が応援してもSMAPは解散するし、応援しても剛さんの突発性難聴は防げないし、応援してもジョンヒョンは二度と帰ってこない。

ファンってなんなんだろう、私が5才から生き甲斐としてきたアイドルのファンって結局なんなんだろうって考えても考えてもわからなかった。

ただ、無力だ。


弱くて、ずるい私は逃げることを選んだ。
無力である自分から逃げることにした。
ヲタ卒なんて到底無理だけど、今のモチベーションのままアイドルを応援できそうにない。

みんな大好きでみんなを愛しているから。
また会うためのさよなら。

22年間アイドルヲタクとして生きてきた自分としばらく、さようなら。

















ジョンヒョン、君のファンになったこと一つも後悔してないよ。
優しい笑顔も泣きじゃくる姿も強い歌声も全部全部全部全部忘れない。
今もこれからもずっと愛してる。

それじゃ、またね。

FIVE

SHINeeの東京ドーム公演に行ってきた。

 

セトリはアリーナとほぼ同じで3時間の公演。

 

いろいろあって、FIVEというタイトルと裏腹に

ステージに立っているメンバーは4人。

 

正直、真偽のところは私なんかには到底わかることもできないし(SMAPの報道以降、善も悪も記事を鵜呑みにしないことにしたので)

ただ、何がショックだったかって、禁酒してた(らしい)のに記憶がなくなるまでお酒を飲んだうえにこのような事件が起きてしまったこと。

やってないならやってないってハッキリ言って欲しかったのに「酒を飲んでて覚えていない」旨の発言をしていたのがすごく残念だった。

つよぽんが事件を起こしたときもショックだった。ただ、被害者という存在がいなかったことが唯一の救いだった。つよぽんも前から酒癖が悪いとネタにされていただけに、事件を起こすまでだったのかというショックとそこまで彼がお酒に頼ったのは何かあったのだろうか、もしやお酒じゃないものだったらどうしよう、と心配で心配でしょうがなかった。結果、起訴猶予処分と約1か月の芸能活動の休止、自ら科した約5年間の断酒(タモリさんの計らいで解禁)となった。

ゴロ―ちゃんの件は公務執行妨害道路交通法違反で現行犯逮捕され、約1か月後に起訴猶予(不起訴)になるまでの間に謝罪会見を行っている。もちろん、弁護士の方による事件の説明と捜査段階であり、事実関係に関する部分は話をできない旨を取材陣に説明した上で会見をしている。その後、約5か月間芸能活動を休止した。

 

今回のオニュの立場は上記二つには当てはめられない。

被害者の女性がいて、下手に記者会見をすれば事件を認めたように報道されるかもしれない。事実、ゴロ―ちゃんの時、人を轢いたくらいの勢いで報道され(実際は車が膝に当たったということらしい)不起訴になったにもかかわらずその報道はほぼ無く未だに前科者扱いをされることも少なくない。

(昔の職場の店長にSMAPは犯罪者集団と吐き捨てられたことがあったなぁ)

 

でも、私は社会人としてきちんと表に立って、関係各社にお詫びし、自分の言葉で伝えたほうがよかったように思う。

もしこのまましれっと兵役に行こうもんなら事務所に不信感を抱くしかない(今よりさらに)

 

 

タラレバをあげればキリがない。

 

わがままだけど、私は今オニュが何を思って何に対して反省しているか本人の口から聞きたい。

この不安を払拭する方法はそれしかないと思う。

しかし、もう会見するには時間が経ち過ぎた。

これからどうするのだろう。

 

そんな思いで見届けた東京ドーム初日。

 

4人はフルでサポートダンサーをつけることなく

可能な限り4人でパフォーマンスした。

OPで出てきた4人は強かった。プロとして堂々と立っていた。

その姿に涙が止まらなかった。

誰より複雑な思いで立っていた4人がプロとして1人の空席を埋めるためにいつも以上にでもいつも通りにステージに立とうとしているように見えた。

オニュのパートはバラードやアンプラグドのシーン以外はCD音源を引用しているようだったがいないはずのオニュの存在を感じる度に涙が出てきた。

ずっとお着換え用の曲だったTell me your name(タイトル合ってるかな)に振り付けがついた。それはそれは最高にセクシーで、ステージに埋められた下からのアングルカメラをふんだんに駆使した演出は本当に最高、最高としか出てこない語彙力。

ちびっこSHINeeも出てきて小さいからだで健気(?)に踊る姿が愛しくて母性本能をくすぐられまくった。KEYくんポジの子が本当にキボムみが表現できててかわいかった。シャカリキに踊るときのキボムね。かわいかったー。お遊戯会の保護者の気持ちがわかったような。

SHINeeにおいてもくそDDを発揮する私だからやっぱり5人の姿を見たかったし楽しそうに会話する5人が見たかった。トークも少なめでジョンヒョンに至っては自己紹介と近況を報告したくらいだったように思えた。大丈夫かなって思った。

でもミノくんがいつも通りの笑顔と愛嬌でてむちゃんを抱きしめたり一生懸命日本語をしゃべる姿がいつにもまして愛しく感じた。

髪型のせいか、いつも萩尾望都の漫画の美少年だと思っていたテミンさんが、やけにナムジャで美青年になっていた。いつもの色気にあどけなさがあったのもよかったけど、髪型が最近ハマってる宝塚の男役さんのオフというか稽古中の髪型とかに似てて男感を目の当たりにしてぬなはとっても戸惑ったと同時にドキドキしちゃったよ。弟扱いしないで、とか言われたら卒倒する勢いだよ。

話を戻そう…

最後の曲で画面に映ったファンボードの「5HINee Forever」の文字に4人が、そして5万5千人が胸打たれたに違いない。

その後歌ったWinterWonderlandで涙したKEYくんの真意はわからない。

でも私が流した涙も悲しいのか4人が誇らしいのかわからなかった。

FIVE。辛くも、SHINeeをこのような形で5人であるべきと実感させられたタイトル。

4人がまた5人でドームに帰ってくると言ってくれたから、私はただその言葉を信じて待とう。

 

 

 

 

つよぽんが復帰したスマスマで慎吾がつよぽんにかけた言葉を思い出した。

 

正直、今回の件で「ふざけんな」って思うとこもいっぱいあったりして

みんなからすごい温かい言葉とかもらってると思うけど

俺は お前の事一生許さないから 

だから、一生かけて俺にちゃんと返せよ

 

許さないこともありなんだなって思った。しんつよの場合は。

 

 

 

 

 

 

しかし、今年は、3人が退所するしKinKiはどつよさんが耳の調子悪くするしオニュの件もあったしでたぶん今年中に宝塚の推しは卒業を発表するだろうし

自担がことごとく試練を与えてくる。

それでもオタクはやめられない。

やめられないよ!!

広告を非表示にする

君はいますぐ飛び立てるのさ

稲垣吾郎さん草彅剛さん香取慎吾さんの事務所退所が正式に決まりました。

個人的には少しほっとしているところがあります。

あの事務所で生殺しのようにされているよりは、よっぽどいいと思っています。

バードマンでいうごろーちゃんがおかまボスに捕まってぼこぼこにされていたのが解放された感じですよ。

BIRDMANで最初に銃を捨てるのは木村くんでも中居君でもなくツヨポンってのが痺れる!!!!!

 

改めてこの記事に載せた演説を思い出す。

「我々は戦わずして絶滅しない」 

two23sea.hatenablog.com

 9月は彼らのデビュー記念日

そして、3人のインディペンデンスデイになるわけだな。

 

 

憶測や美談、誰かから聞いた話はもう信じない。

それがよかろうとわるかろうと私の知ったことじゃない。

私が信じ進むべき道は5人から発される言葉や行動に従うのみ。

 

 

私がすべきことはもうわかっている。

彼らを必要とする声を大にすること。

伝えること。愛し尊敬し思い続けること。

 

 

 

 

BIRDMANで先に飛ぶのは木村くん、次が中居くん

もしかしたら二人はすでに飛んでいたりするのかな。

変わらないこと

変わらないことって大事だと思う。

 

周りが結婚することが多くなり、出席するたびに

ああ、私は結婚式はできても披露宴は無理だな、と思う。

 

何が、って

あんな披露宴で出せるようなまともな写真がほとんどないということだ。

小学生はひとつ結びにひざ丈のスカートが定番でつまらない写真ばかり

中学生は太り始めて顔がアンパンマンがパンチをうけているような顔ばかり

高校生は魔のバンギャ期なので大半がウルフカットの片目が隠れている状態

専門生は写真がそもそも少ないし人生で最大に太っていた。152センチに対し60キロ近くあった。

卒業してからはほとんどプリクラがあればいい方で写真を撮っても自分は入れなかったから本当に写真がない。

最近ようやくまともになりつつあるので写真も多少あるけども、それにしてもだ。

 

あと、仲がいいと思っていた友達の知らない顔がたくさんあるんだなーってちょっと寂しくなるのは私だけかなぁ。独占欲の強さなのかなって思うけど。

そりゃ、当たり前にあるよ!あるのは当然わかっていたけど。

この子は私の知らないところで知らないうちに知らない人と幸せになってるんだな。って。海外とか行ったりさ、彼氏と、大学時代のお友達と、楽しげな写真を見ると

自分はいったい何をしていたんだろうって。

もしかしたら私は誰にも知られないところで知らないうちに知られないうちに死ぬのかもな、と思ったね。

幸せ溢れる結婚式でね。悲しいね、さっちゃん。

 

できることなら小高い丘の小さな森の教会でひっそりと結婚式をしたいんだ・・・パトラッシュ・・・

f:id:two23sea:20170619000907p:plain

小高くない!!丘じゃない!これじゃない!

イミテーションゴールドみたいな気分だよ!

 

f:id:two23sea:20170619001133p:plain

そうそう・・・でも虫が多そうだ・・・はははわがままだろう。だから独り身だ。

 

今年はすでに来月と翌々月に結婚式が決まっている。しかも保育園時代からの友達だ。

なんてこった。超身近な存在がついに結婚してしまう。うち一人は親友だ。親友が結婚する。とっても嬉しい。これはほんと、すなおに心から嬉しい。今すでに泣きそうなくらいだ。嬉しいのと同時に焦りが半端じゃない。ああ結婚したい。子供産みたい。でもめんどくさい!!!ああ面倒だ。これは面倒だぞ。ああ面倒だ。(宮崎駿

今年はめんどくさがらないことにしているので近々知り合いの紹介というものでご飯に行ってくる。

これの何が面倒ポイントかというと、相手がタイプじゃなかった場合の切り方だ。

だって、知り合いの紹介って無下に断ったりさブッチしていいもんじゃないでしょー?期待に満ちた目で紹介されてさ、後日「あれから彼と連絡とってる?なんで?タイプじゃなかった?ごめんね・・・」みたいな申し訳ない気持ちにさせかねないでしょ?なんかすごい悪いことしてるみたいだし、報告義務あるし(そこかい)気を遣う範囲が広くなるんだよね。気持ちすり減りポイントが大幅に削られるんだよ。そういうこと言ってるから、とかいう突っ込みは聞き飽きた!わかっている!わかっているから今年は我慢するの。我慢って言い方悪いけど、ポイントすり減らしても経験値上げるためには行くの!レベルだけ上がるけどなんっにも使える技も魔法もないやつになっちまったから、今さら取り戻しに行くのっ!!冒険の旅に行くよ!村人が!勇者じゃないからスライムごときに振り回されるけどギリギリ20代のうちにいっぱいケガしてくるよ!

 

次回、「紹介のご飯」お楽しみに☆彡(いつになるかわからんけど)